MENU

ALT・GPTを下げ、肝機能アップが見込める食べ物!

ALT・GPTを下げるのであれば、肝臓の働きを高める食べ物をとる方法が効果的です。
ALT・GPTを下げる食べ物をいくつかピックアップしてみました。
どんな成分が肝臓に良いのかも併せてチェックしてみましょう♪

 

 

◆二日酔いにもオススメのしじみ・牡蠣

 

肝臓の働きを高めてくれる食べ物の代表格といえばしじみや牡蠣ですよね。
栄養ドリンクやサプリメントにも多く含まれており、お酒が好きな人には縁のある食べ物ではないでしょうか。

 

しじみにはオルニチンというアミノ酸が含まれています。
オルニチンは肝臓を保護、肝機能を高めてくれる成分です。
アルコールの分解をたすけ、二日酔いや悪酔いを防いでくれる効果があります。

 

牡蠣に含まれているタウリンには中性脂肪やコレステロールを排除して、肝臓の機能を回復する効果があります。
肝臓から分泌されている胆汁酸を増量する効果があります。
滋養強壮にも良いと言われている心強い成分です。

 

しじみや牡蠣は貝類ですからミネラルや亜鉛、鉄分などの栄養素が豊富です。
加齢にともなって疲れやすくなった身体をサポートしてくれる食べ物なんですね。
ALT・GPTを下げる効果がありますから、お酒のつまみや副菜として食べるようにしたいですね!

 

 

◆低カロリー高たんぱくの大豆は優秀!

 

大豆は低カロリーかつ高たんぱく質の食べ物ですよね。
肝臓に脂肪がつくとALT・GPTが高くなりますので、カロリーを抑えてくれる大豆がおすすめです。
豆腐や納豆、おからなど大豆製品はたくさんありますので、普段の食事にも取り入れやすいというメリットもあります。

 

大豆には肝機能を悪くする過酸化脂質の増加を防ぐサポニンが含まれています。
過酸化脂質は肝臓の負担を大きくしてしまう物質ですから、サポニンで増加抑制できるのは嬉しいですね。

 

ビタミンEは肝臓に良いとされている成分で、脂肪の酸化を防いで肝臓の負担を減らしてくれます。
肝機能が低下しているときには脂溶性であるビタミンEの貯蔵量が低下します。
大豆製品で摂取するようにしておきたいですね。

 

 

◆肝細胞を元気にしてくれるレバー

 

 

レバーに多く含まれる葉酸は肝臓をサポートしてくれる心強い成分です。
効率的に葉酸を摂取するならレバーがおすすめです。

 

葉酸には細胞の再生を活性化、正常にする作用があります。
弱ってしまった肝細胞を元気にしてくれる成分なんですね。
脂肪肝を予防してくれる効果もあります。

 

レバーにはビタミンやカルシウムが多く含まれています。
脂質の代謝促進、抵抗力の強化、粘膜の保護によって肝臓の機能を回復させてくれます。

 

 

ALT・GPTを下げる食べ物をとるようにして、肝臓の働きを高めるようにしましょう!

関連ページ

断酒はALT・GPTを下げるのに有効?
ALT・GPTを含む肝機能数値はお酒などを飲むことによって悪化の一歩をたどります。